キャリアカウンセラーの仕事を活かせる業界とは - 徹底解剖!キャリアカウンセラー

徹底解剖!キャリアカウンセラー > 仕事を活かせる業界とは

キャリアカウンセラーの仕事を活かせる業界とは

キャリアカウンセラーとしての仕事が多く、この資格を特に活かせる業界とはどこでしょうか?
業界単位で定番なのは、「人材」と「教育」です。

人材業界とは、派遣会社や転職支援会社などの業界ですね。
ここは、各職業で求められる能力と、各人材の能力や相性をすり合わせ、キャリア形成などをサポートするのが主なビジネスとなります。
求められる人材を的確に提案したり、求められる人材になるように研修をしたりといったことが必要なため、まさにキャリアカウンセラーが求められる業界となるでしょう。
キャリアカウンセリングができない人員では、そもそもこのビジネスの運営が難しいため、主要なスタッフとして高待遇で迎えられやすくなります。
フルタイム職種での募集が多いのは、この業界となるでしょう。

もう1つ、定番となる業界は「教育」です。
キャリアカウンセラーを必要とするのは、大人だけではありませんね。
中高生や、大学生など、将来の仕事に悩んでいる若者からも、適職に関する相談は求められます。
これに応じるため、校内のサポートスタッフとしてキャリアカウンセラーが求められることは多いですね。
そのため、教育界もキャリアカウンセラーの主な活躍の場となるでしょう。
業界単位でキャリアカウンセラーと相性がいいのは、以上の2つです。

これ以外というと、「業界」というと少しニュアンスが違いますが、たとえば職業安定所や地域のサポートスタッフなど、職業との関わり方に悩む方が利用する専門機関のスタッフとして求められることは多いです。
これら以外で、特別にキャリアカウンセラーと相性がいい業界などは、あまり見られません。
主にキャリアカウンセラーとしての仕事を得たいなら、これらの場所を積極的に狙うことをオススメします。